ECパッケージの老舗!コマース21の評判と考察

コマース21(Commerce21)はECのパッケージの会社で、歴史は古く1999年からビジネスをやっておりインターネット創成期からECシステムを作ってきた業界では老舗の会社です。

しかし、私個人の印象ですが実績はあるのに印象が薄いEC会社という感じがします。例えるなら筆者はスラムダンク世代なので、スラムダンクの物語にインタ一ハイの1次予選に「津久武高校」という古豪の高校がありましたが、コマース21さんにもそんな印象を抱いてしまいます。

というのも、コマース21は大手さんの導入実績が豊富にある企業なのですが、最近はパっとしないところがあるからです。

株主が結構入れ替わったりしたため経営方針が揺らいだ時期があり、当時のベテランの営業や運用メンバーが会社を辞めたため、最近は大きな案件をとれておらず、そのため古豪という印象を筆者は抱くのです。(EC業界が長いといろんな話が耳に入るものです。)

本日はそんなコマース21さんをEC業界に10年いた筆者がプロの視点で解説いたしますが、趣味でやっているブログなので、間違っていたらごめんなさい!

コマース21の特徴は?

自由度が非常に高いECパッケージです。ソースコードを公開しているので構築後、技術力がある事業者なら自社でのECサイトのメンテナンスが可能です。ECサイトのソースコードを自社で把握したいというニーズは結構ありますから、これは魅力的です。

そして先にも述べましたが大手事業者のECサイト導入事例が非常に多いことです。ですから大手さんがECシステムを選ぶときは、やはり実績が気になりますがそういった点ではコマース21は文句がありません。

そして多くの大手企業に支持されてきた事もあり、ドキュメントやテスト工程はしっかりしていますのでこういった面からも、コマース21は大手企業向きのECパッケージだと思います。

後日追記

2016年7月末にYahooはコマース21を完全子会社するとの発表がありました。業界ニュースには「シナジー効果」みたいな事が書いてありましたが、筆者から見ると謎の買収です。シナジーと言ってもコマース21のお客さんは、大手企業が中心なのに対してYahooのお客様は、小規模のEC事業主。果たしてどういう意図なのか、今後の動きに注目しています。

コマース21の価格・費用は?

大手顧客が中心という事もあり価格帯は高いです。初期費用はざっと数千万円といった費用感になります。ASPなどを検討している会社には価格帯がまったく合わないと思います。

最近のコマース21

数年前ですがお客さんの規模が大きくなりすぎて保守で手一杯になった時期があり、新規の案件を止めていた時期があるようです。やはり保守案件ばかり中心になると社員のモチベーションもあがりませんよね?

そのときにベテランの営業や運用のメンバーが抜けてしまって、最近は大きな新規案件を受注した話はあまり聞いていません。

その背景には株主の意向で社長が変わった時期があり、どうしても不安定でした。しかし今はその時期を脱して比較的安定しているようです。今の社長は銀行系出身の方で財務的にしっかりとした経営をしているのだと思います。

コマース21がおすすめな企業は?

実績を重視する大企業には向いています。

コマース21が向いていない企業は?

中小の事業者や予算が多くない事業者は価格帯や規模の観点から導入は無理です。

コマース21の雰囲気は?

筆者の経験だと、打ち合わせに出てくるSEの方などはスーツをきちっと着て堅いイメージのしっかりした方が来る印象でした。コマース21の社内の雰囲気は私にはわかりませんが、打ち合わせには外国人の方が出てくることなどもありました。

最後に

いかがでしょうか?コマース21という会社は実績が豊富なのですが、最近はパッとしません。
しかし昨今は社長も変わってうまくやっているのだと思います。ECを検討している事業者さんで
社内稟議を通すためにEC事業者の実績を重んじる会社には、コマース21さんはいい会社ですよ!

コマース21さんのホームページでもご確認くださいませ!

大手ECシステムパッケージ各社徹底比較 →