フルスクラッチでECサイトを作るのは時代遅れなのか?

2017年4月に発表された下記、経済産業省のデータによると日本のEC化率はやっと7%を超えた程度ですが、裏を返せば、ポテンシャルはまだまだあり、日本においてもECサイトを作って商売することは、どんどん身近になっていくでしょう。

平成 28 年度 我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)

すでに、BASE(ベイス)などの個人事業向けのASP-ECを使えば3分で、あなた専用のECサイトが作れます(3分というのは大げさではなく本当です)。さらに企業向けにはカスタマイズができるパッケージやクラウドECが主流になり、システム連携が可能で、事例もどんどん増えています。

そんな中、ゼロから作るフルスクラッチのECサイトは必要なのでしょうか?

本日はEC業界で10年の経験がある筆者がフルスクラッチで構築するECについて業界関係者の立場から解説していきます!が趣味で書いてるブログなので、間違っていたらごめんなさい!

続きを読む フルスクラッチでECサイトを作るのは時代遅れなのか?

大手ECシステムパッケージ各社徹底比較 → 

ZOZOTOWNに教わるECサイトの売上を劇的にアップする具体例

企業でECサイトを担当している友人達から、よくこのような質問をされます。

「ECサイトの売上を伸ばしたいのだけど、何か良い方法はないか?」

売上を伸ばす方法としては、WEB広告の活用や、SEOの話はよくあると思いますが、まず必要なのは「売上の分析」です。この分析ができていないと、課題や強化のポイントがわからないからです。

そして、短期間で売上を確実の伸ばす方法は「カート周りの改善」になります。

本日は、アパレルECのフラッグシップの「ZOZOTOWN」を例に、劇的に売上を伸ばす方法を、EC業界で10年の経験のある筆者が解説しますが、趣味でやっているブログなので、間違っていたらごめんなさい!

続きを読む ZOZOTOWNに教わるECサイトの売上を劇的にアップする具体例

大手ECシステムパッケージ各社徹底比較 → 

越境ECの成功の秘訣はオムニチャネル

越境ECを検討している企業は多いのではないでしょうか?

昨年からはじまった中国人の爆買いを目の当たりにすれば、当然の流れです。もし自社ECサイトに中国人の需要を取り込むことができれば、倍の売り上げも可能でしょう。

しかし、越境ECは我々ECサイト業界(私は昨年業界から引退しましたが)からみれば、企業から「中国向けの越境ECを検討していますが・・」という案件の話を聞くたびに、またお金にならない話がきたか。。と思うのが、ECサイト業界の本音です。

その理由は、自社で構築した越境ECが成功したという事例が少なく、中国向けの越境EC、特に自社ECサイトの構築には困難で、案件の話が途中でなくなることがほとんどだからです。

でも、安心してください。上司から突然言われた自社ECの越境ECの検討に最適なソリューションを紹介します。それが「越境EC × オムニチャネル」戦略です。

本日はEC業界で10年の経験のある筆者が「越境EC」を解説しますが、趣味でやっているブログなので、間違っていたらごめんなさい!

続きを読む 越境ECの成功の秘訣はオムニチャネル

大手ECシステムパッケージ各社徹底比較 →