中規模以上のECシステムならECパッケージが1番の選択になる理由

2017年の経済産業省のEC化率のデータを見ると、日本のBtoC市場において5.43%(※こちらのサイトを参考にしました)と海外と比べると低い数値ではありますが、右肩上がりの産業です。

「ある日突然、上司からオンライン部門の担当者を命じられた!」
「転職した会社で、ECの立ち上げを行うことになった!」

という方は、昨今多いのではないのでしょうか?そんな時最初に検討しなくてはいけないのが、「ECシステムの選定」です。よくあるECシステムの失敗例は、すでに付き合いあるシステム会社にシステム構築をお願いしてしまうことです。

実は、ある程度の企業が導入すべきECシステムは「ECパッケージ」にすべきで、その中でもクラウドECパッケージがベストの選択と言えます。

なぜなら、ECパッケージはすでにECに絶対必要な機能は実装されており、それをベースに自社にあわせた開発を進めるので、開発コストが安く済み、導入期間も最短で三ヵ月程度で可能だからです。

そして、パッケージの中でも大手のecbeingやebisumartのクラウドECはさらに、システムが自動更新されるので、欠点がほとんどありません!

本日はEC業界に10年いた筆者が、これからオンラインショップのシステム選定を行う方向けにECパッケージについて、詳しく解説しますが、趣味でやっているブログなので間違ってたらごめんなさい!

続きを読む 中規模以上のECシステムならECパッケージが1番の選択になる理由

大手ECシステムパッケージ各社徹底比較 → 

クラウドECとは?システムの評判と考察

ひと昔まで、ECサイトと言えばフルスクラッチで一から作ったり、ある程度ECに必要な機能が揃っているパッケージをカスタマイズしてECを構築していました。

しかし、今はASPなどシステムが古くならないクラウドECが世に出てきており、高額なフルスクラッチやパッケージではなくてもECを構築できる時代になってきました。

まずクラウドECといえば世間ではどのようなイメージでしょうか?インターネットでクラウドECシステムを検索すると、下記の3パターンがあります。

①ASP(MakeShop等)
②カスタマイズができるクラウドEC(えびすマート)
③クラウド(レンタル)サーバーでオープンソース等が使えるサービス(ec-cube)

厳密にいえば、クラウドECというのは①と②の事であり、単にクラウド上のレンタルサーバーでec-cubeなどのオープンソースが使えるだけの仕組みの③は「クラウドEC」とは言えないと筆者は思っています。

本日は、最近のECシステムのトレンドの「クラウドEC」について、EC業界に10年いた筆者が解説いたしますが、趣味でやっているブログなので間違っていたらごめんなさい。

続きを読む クラウドECとは?システムの評判と考察

大手ECシステムパッケージ各社徹底比較 → 

クラウドECのebisumart(えびすマート)の評判と考察

ebisumart(えびすマート)は元々システム受託開発をしていたインターファクトリーという会社が作成したECシステムです。最初はパッケージのECシステムでしたが、その後開発を重ねて、クラウドでのECシステムを提供している会社です。

とある会社がECのリプレイスを検討するとき、コンペではパッケージで有名な会社ばかりが集まるのですが、その中でパッケージではなくクラウドというのは、お客さんからみても比較しやすいんでよくコンペに呼ばれていましたね。

なぜなら、えびすマートの強みはフルカスタマイズができてシステムが古くならないクラウドというのが、他の会社さんにはない特徴だからです。業界内の認知度も急激に高まっているようです。

コンペではだいたいパッケージ会社ばかりになりますから、その中ではえびすマートは面白いシステムです。

本日はEC業界で10年の経験のある筆者が「えびすマート」を解説しますが、趣味でやっているブログなので、間違っていたらごめんなさい!

続きを読む クラウドECのebisumart(えびすマート)の評判と考察

大手ECシステムパッケージ各社徹底比較 →